着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

どんなものの買取でもそうです

どんなものの買取でもそうですが、皆さんどの業者に持ち込むといいかと考えて何を判断材料にしたらいいか、です。

今はネット検索すれば多くの業者にヒットするご時世なので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。

古着屋で着物も扱うところが多いのですが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。

専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人が見てくれるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の宣伝を多く目にします。

箪笥にしまいっきりにしておくと、文化財のように保管でもしない限り、糊や洗剤による劣化もあって価値が下がっていきます。

きちんと保管されてきた良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取りしてもらうことが肝心です。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高値になり、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取ってくれなかったりすることもあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

つい最近、祖母の形見だった着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、誰も着ないのにとっておくのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他にそれに合った小物類、帯締め帯揚げなども併せて買取可能です。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は下着の位置づけなので着用済みだとほとんど売れないからです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。