着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自宅をリフォームすることになり、昔

自宅をリフォームすることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、覚えのない反物に出会いました。

保管状態は良く、外から見てわかるような傷みはなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

仕立てないで置いておくのももったいないので次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのは当然です。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があります。

現代の有名作家の作品なら、裄丈など、サイズが大きめに作られているのでぜひ買い取りたい品だからです。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他それに合った小物類、帯締め帯揚げなども併せて買取可能です。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取を専門にするところが以前よりずっと増えてきています。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、利用者として気をつけなければならないのは、普通の買取業者を装って、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売をして問題になっているところもあるという事実です。

織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので手入れを欠かさずに長いこととっておいても洋服しか着ないときがほとんどでその着物を着る機会は今後なさそうなので手放すことを考えはじめました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、着物の買取を専門に行う業者も結構あるとわかりました可燃ゴミになるより、リユースできれば大事な着物を生かせると思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。