着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

けれどもウールや化繊の着物というと、元値が低いため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いと思います。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物とその付属品が大量だとか、近所に店舗がなかったりすると、持っていくだけで大仕事になってしまいます。

どうしようかなと迷ったら、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、その着物や反物の証紙があると、とても有利です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地基準を満たした製品であると公に証明している登録商標のことなのです。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や探しても見当たらないという方もいるようですが、次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。

私がよく聞く買取に関するトラブルは、相場を無視した安値とか、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。

業者の評判を調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。

それから、発送する前に写真に撮っておくのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。

着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか気になるところですが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。

訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。