着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、着物

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話かメールで連絡すれば車で買取に来る業者も結構あるのですね。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、とうてい自分ではお店まで運べないと頭を抱えていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。

タンスの奥で長いこと眠っている着物は多くのご家庭にあるでしょう。

着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

振袖は特に、袖の長さの分だけ管理も他の着物に比べ負担感が増します。

将来にわたって、着ないと思われる着物は買取を考えてもいいのではないですか。

ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、特別な場に着用する喪服のニーズは少ないからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、あまり多くはありませんが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき気を付けた方がいいことは、着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコンを売るときと同じでこれらは産地や製作者の証明になるので、あるかないかというだけでものの価値は相当違ってきますから、取っておいたものを全部、送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

成人式の振袖と言えば、誰でもその前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、売るなんて考えられないという人も案外いるようですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、専門の業者に買い取ってもらえばいろいろな問題が片付くでしょう。

保管状態によりますが、生地や色柄が良ければ思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。