着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他着物

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

これは下着と考えられるため一度でも着たものは買い手がつきません。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば交渉次第で売れるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、引き取ってもらおうと考えています。

高級品や袖を通していないものもあるので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。

それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、気楽に断れます。

それに、直接顔を合わせることで、価格を交渉することもできます。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、ここなら良いというところに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

よくトラブルで耳にするのは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定関係も増えました。

対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。

業者の評判を調べ、依頼するようにしましょう。

それから、発送する前に写真に撮っておくのも良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったので全く動けないままでした。

最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者も結構あると聞いています。

ネットなどで口コミや評価を調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店を家族で検討しています。