着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

日本の女子にとって、振袖を着

日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限られます。

別な見方をすれば、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、売却を考えるのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので無料相談や査定を行っている業者も多いので、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に頭を悩ませている人は多いでしょう。

最近は専門の買取業者さんというのが増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。

大事に保管してきた着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高額査定が受けられる可能性もあります。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。

付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば思いがけない高値で売れることもあります。

そして、着物でなく反物のままでも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。

反物も着物と同様に考え査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用するときには気をつけなければいけません。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、アポ無しで来て、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあるようです。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。