着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買

つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に困っている人は少なくないでしょう。

ただ、このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。

業者の多くは無料で査定しますし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。

保管状態の良い着物などは結構な高値になることもあります。

最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、簡単に知ることができるようになりました。

しかし、何にでも言えることかもしれませんが、それなりの値段のする着物買取などは、その会社を見るだけでなく、業界での評判も比較し、ふるいに掛けてから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。

単独査定だと高いか安いかわかりませんし、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。

着なくなった着物を買取に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、新しくても元の価格が安いですから、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。

リサイクルショップのほうが買い取りする可能性もあるですね。

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、大事に手入れしてしまっていたのですが、圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなく処分するなら今だと思いました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。

ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物にとってもいいだろうと思い、思い切って売ろうと決めました。