着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

普通、着物を売る機会って殆どない

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

もし処分するなら、安値で買い叩かれないためにも中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

買取実績もあって評判も悪くない業者というのをリストアップして、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べるのです。

買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、手入れを欠かさずに長いこととっておいても洋服しか着ない毎日ですし、その着物を着る機会は今後なさそうなので手放すことを考えはじめました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、着物買取専門の業者もあることがわかりました。

可燃ゴミになるより、リユースできれば着物が役に立つ可能性もあると思い買取業者に引き取ってもらおうと決めました。

それほど重さが苦にならないのであれば、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断って別の店を探すこともできます。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格を交渉することもできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、見込みのありそうなお店に家に来てもらえば良いのです。

この間、祖母が着ていた着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物が生かされないと思うし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

わが家もとうとう建て替えることになり、この際だからと整理を進めていたらその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。

丁寧にしまわれていたため保管されている間に傷むこともなく買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。