着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

状態が良く新品に近いものは、高値がつく可能性がぐっと高まります。

柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば高価買い取りも夢ではありません。

反物で、仕立てていないものも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。

反物一本だけでも、ぜひ業者の査定を受けてください。

わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物がいくつか見つかりました。

奥に隠れていた割には、きれいに保管されており素人目に傷みは見られず買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

仕立てないまましまっておくよりも、そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実な買取業者を選ばなければ、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

私がよく聞く買取に関するトラブルは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。

業者の評判を調べ、依頼するようにしましょう。

梱包前に写真を撮っておくのもトラブル防止に役立ちます。

もう着る人のいない着物は、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、大柄の黄八丈のような着物でも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅やブランド着物なども扱っているようです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

着物の宅配買取もよく行われていますが気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。

家電やパソコンを売るときと同じでこのような品質を保証するものは高級品であるほど、あるかないかによって査定結果が明らかに違ってきます。

取っておいたものを全部、送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。