着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い和服を処分すると言ったら

古い和服を処分すると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが良い値段がつき、逆に退色やシミがあったりすると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこでぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している独自の登録商標を指します。

証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定までに見つけておいてください。

着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく小物も同時に買い取りたいのがわかります。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするといろいろな品を仕入れることができるのでトータルで高値をつけるという話もよく聞きます。

たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと絶対に損はしません。

いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

どうしようかなと迷ったら、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、大事に手入れしてしまっていたのですが、いつも洋服の生活ですから着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあっていろいろ考えた末、処分しようと決心しました。

着物の買取についてネットで検索したところ着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。

ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、いつ、どこに売るかを検討しはじめました。