着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が私の

いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が私の実家には多く保管されています。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

なんでも昨今は、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取ることが増えているのだそうです。

もちろん、お値段は「相応」のものになります。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

けれどもウールや化繊の着物というと、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話かメールで連絡すれば自宅まで取りに来てくれるところも何軒もあってびっくりしました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと困り果てていたところで、こういうサービスが欲しかったと思いました。

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、気楽に断れます。

それに、直接顔を合わせることで、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

また、量が多いのなら、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、納得できた業者さんだけに出張査定をお願いするというのもありですね。

和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は注意しなければいけません。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

和服の中古市場では、喪服に対する需要は少ないからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、限られた一部の会社ですが、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。