着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することは

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし売却を考えているなら、安値で買い叩かれないためにも着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。

たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良いお店をいくつか選んで、複数のところに査定してもらい、比べてみると一目瞭然です。

買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、納得のいく取引ができるでしょう。

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取をする業者がとても多くなりました。

ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取実績がある業者のふりをして、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった不法な商売を行っている業者もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、量が多かったり、近所に店舗がなかったりすると、持参するのに苦労しますね。

それなら、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

電話すれば業者が自宅に来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、事前連絡の際に相談しましょう。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

着物としてどれほど高級だとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかればかなり価値を下げてしまうのが仕方ないと思ってください。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の可能性がかろうじて残っています。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにとにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

という声をよく聞きます。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

とても素人判断ができるものではありません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

あまり古くなっていないブランド着物ならサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため需要があり、業者が手に入れたいのです。