着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、これから利用する人は気をつけましょう。

ほんの一例ですが、着物の出張査定を頼んだだけなのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるようです。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

きちんとした古物取扱商であれば、このような行為は無縁でしょう。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても売れないと恥ずかしい。

そんな方もいるでしょう。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で高値がつく可能性も十分あります。

比較的新しいブランド品は昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので高値で転売できる可能性があるからです。

着る人のいない和服を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

例えば同じ種類・状態の着物なら、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

着物を着ると、日本人であることを実感しますがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しは定期的に行い、和紙を挟んでから形通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、時間も体力も使います。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば思い切って買い取りしてもらいませんか。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

和装小物も積極的に買い取っています。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと売れるものの幅が広がりますからトータルで高値をつけるという話もよく聞きます。

和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。