着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

高価な着物は持っているだけで優雅な気

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しは定期的に行い、和紙を挟んで元通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、念を入れた手入れが必要です。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も業者に買い取ってもらうという手があります。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

たとえば紬などは流行に左右されず、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬のほかには、友禅、江戸小紋なども扱っているようです。

検討する価値はありそうです。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者がとても多くなりました。

ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取にみせかけて、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの不法な商売をして問題になっているところもあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。

量がたいしたことなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断って別の店を探すこともできます。

対面ですからわからないことも聞けますし、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、信頼できそうな業者さんに出張査定をお願いするというのもありですね。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかさっぱり見当もつかず、ずるずると先延ばしにしていました。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も増えてきているそうで大手から専門的なところまでいろいろあるので、自分の希望に合ったサービスを行うお店をがんばって見つけたいです。