着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家に

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし業者はたくさんあり、どこが良心的なのか自分で調べる余裕もなく結局処分に踏み切れませんでした。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが増えてきているそうでサービスの内容や買取価格を調べ、細かいところまでサービスを調べて家族で検討しています。

友達の話によれば、祖母が亡くなり、着物を譲られたけれども自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと私に相談してきたのです。

ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないなどと、いろいろ考えているみたいです。

私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

何人かの話を聞いて、友達は買取をあっさり断念したようです。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは取扱いのない店もありますから、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが良いですね。

どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、より高い価格で買い取ってくれるので、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで検索すれば簡単に見つかります。

女子にとって、成人式の振袖はその前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、売るなんて考えられないという人も多数派なのでしょうが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、売ってお金に換えた方がいろいろな問題が片付くでしょう。

上質の生地で、色や柄も品のいいものならそれなりの評価が期待できます。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。

もう着なくなった古い着物や帯などが、私の実家には多く保管されています。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

なんでも昨今は、昔なら断っていたようなシミでも、業者に染み抜きの専門家がいるので、問題視しないで買い取るそうです。

とはいえ、買取価格はそれなりになってしまいます。