着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だ

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため一度でも着たものは買い手がつきません。

例外もいくつかあります。

たとえば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは交渉次第で売れるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

要らなくなった和服を買取に出すとき、気になるのはやはり価格ですよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、中古着物の値段というのは、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらうのが一番です。

古い着物を買取業者に出すと、絹物全般は割合良い値段になる場合があり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、新しくても元の価格が安いですから、仮に買い取るとしても安かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

普通のリサイクル店などのほうが、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、和服買取をしてくれる業者というのがとても多くなりました。

ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、利用者として気をつけなければならないのは、着物買取を謳いながら、品物だけを詐取するような詐欺まがいの営業を行っている業者もあるということです。

クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ないとわかっている着物は、手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がみんながすっきりすると思います。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので身近に経験者がいないときにはランキングサイトを上手に活用し、着物買取業者の評価も調べられます。

着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。