着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

要らなくなった和服を整理する際、振袖以外の正絹

要らなくなった和服を整理する際、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、当初から引取対象外にしている店もあります。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いですね。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかそこから調べるのかと思って、ずるずると先延ばしにしていました。

最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者も全国に増えているようで、サービスの内容や買取価格を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところをじっくり探していきます。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯締め帯揚げといった小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。

例外もいくつかあります。

たとえば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを証明するために発行している登録商標だと考えてください。

証紙は捨てられたり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがないと自分が損をすると思いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。

このごろ、着物専門のリサイクル業者のWEB広告を目にする機会が増えました。

着る機会もなく眠らせたままでいると、保管場所に気を遣ったつもりでも、経年劣化はあるので価値が下がっていきます。

状態が良く新しいものは、高額査定になる場合もありますから、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取ってもらうと良いでしょう。