着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は多いでしょ

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。

可燃ゴミにはしたくないものですし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。

その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ友禅市場を候補の一つにしてみてください。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

査定だけで、結果を見て売らないこともありです。

身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、ここの買い取りシステムを参考にしてください。

和服を売却する機会はそうそうないでしょう。

具体的に処分を考えたら、良い値段で買取してもらえるよう、ネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。

買取実績もあって評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみると一目瞭然です。

買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、納得のいく取引ができるでしょう。

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば有名な産地で生産された品です。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名な産地の着物は古くても価値があるので高く買い取ってもらえることが多いようです。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどこの業者の買い取りでも求められます。

要らなくなった和服を整理する際、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、もともとの価格が低いせいもあって、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、最初から除外しているところもあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いでしょう。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのか周りに着物を売った人もいなかったのでずいぶん長い間放っておいたのです。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店もちょっと探せばあるようです。

サービスの内容や買取価格を調べ、自分のニーズに合った業者を手間ひまかけて探すつもりです。