着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できれば

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

そんな方もいるでしょう。

着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

あまり古くなっていないブランド着物なら昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、それぞれに思い出もある着物なので、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。

でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

驚きました。

和服を着たい人って多いんですね。

以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物専門のお店なら、着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の広告がよく目につきます。

着る機会もなく眠らせたままでいると、文化財のように保管でもしない限り、劣化は避けられないので価値が下がっていきます。

きちんと保管されてきた良い着物は持ち主が思う以上に高額になることもあるので、思い切って早めに買取してもらうと良いですね。

着なくなった着物でも、処分する際に一番気になるのは買取価格でしょう。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

ただ、和服は特殊な存在で、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知り業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

本や洋服を売るときと同じ流れのようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も何軒かみつけました。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

持ち込みができないほど大量でもなく車で行ける距離にお店があるので、持って行ってお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。