着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物は着るのも見るのも良いものですが

着物は着るのも見るのも良いものですが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

まず季節ごとに虫干し、和紙を挟んで元通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、十分手間をかけないと状態を保てません。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れもその分だけ楽になります。

タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえればタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの期待も持てます。

付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば思いがけないお宝になるかもしれません。

反物で、仕立てていないものも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

使われない反物があれば無料査定や相談を利用してみてください。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。

トラブル例を挙げると、出張査定(買取)を頼んだら、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあります。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

まともな業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、気楽に断れます。

なにより対面式ですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

また、量が多いのなら、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、見込みのありそうなお店に出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取を専門にするところが増えています。

業者はネットで簡単に探せますが、利用する上で注意しなければいけないのは、本当は営業実態がなくて、品物だけを詐取するような違法行為をして問題になっているところもないわけではありません。