着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに持

古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに持ち込んだらいいのか困ってはいないでしょうか。

最近増えた、宅配便を利用した着物買取を利用すると簡単で、長年の悩みも嘘のように消えるのでおすすめです。

お店のウェブサイトから買取申し込みすると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。

元が高額な着物の場合は、まともな見立てのできる業者さんを選ぶことが大事です。

古着同然の価値では困りますからね。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実な買取業者を選ばなければ、大損なんてことになりかねません。

よくトラブルで耳にするのは、相場を無視した安値とか、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

まず業者のクチコミ情報などを集め、依頼するようにしましょう。

また、中身の写真を撮っておくというのも後々役に立つかもしれません。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、もともとの価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、断られることもあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。

不要になった和服などがあれば、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、産地・種類を問わず買取してくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

それ以外には、友禅やブランド着物なども扱っているようです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れないと恥ずかしい。

結構そういう方がいるようです。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるので素人が買取価格を予想するのは無理です。

有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

ブランド品でも最近のものは裄丈など、サイズが大きめに作られているので高値で転売できる可能性があるからです。