着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の注意点です。査定で

着物買取の注意点です。

査定では着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと大幅に安くされるのが普通の結果なのです。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買い取ってもらえるチャンスはあります。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。

着物を処分したい。

できれば買取を利用してお金に換えたい。

でも買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

結構そういう方がいるようです。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。

ブランド品でも最近のものは昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服だけは気をつけなければいけません。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、着る機会が限られる喪服の需要はきわめて少ないからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ごく一部ですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、作家物や一般の友禅染の着物なども幅広く扱う業者が多いです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、取扱いのない店もありますから、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが確実です。

どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

といっても知っている店がないという場合は、ネットで検索すれば簡単に見つかります。