着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

中古着物の買取業者によるトラブル

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。

たとえば、自宅への訪問査定を依頼したら、その日のうちに急に家に訪れて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあって、たしか新聞にも載りました。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

まともな業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるならタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

新しくて傷みがなければ、高値買取のケースも珍しくありません。

柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば思いがけない高値で売れることもあります。

さらに、仕立てる前の反物だけでも大抵の業者では買い取ってくれます。

反物一本だけでも、査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていて自宅で出張査定を行う業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も選べるくらいありました。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが持ち込みができないほど大量でもなく近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

普通のリサイクル店などのほうが、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、きちんと手入れしながらしまっていても、洋服しか着ないときがほとんどでその着物を着る機会は今後なさそうなので処分するなら今だと思いました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、着物買取専門の業者もあることがわかりました。

可燃ゴミになるより、リユースできれば大事な着物を生かせると思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。