着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を

中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を利用するものが多いようなので、私も貰い物の着物類を思い切って処分することにしました。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、まともな業者さんに預けたいと思っています。

中古品の売買には警察署への届出が必要なので、先に確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

そんなに嵩張るわけでないなら、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、気楽に断れます。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、納得できた業者さんだけに出張で査定を依頼するというのも手です。

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、絶対手元に置いておくという人も多数派なのでしょうが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら売ってお金に換えた方がこれからの自分のためかもしれません。

色柄がきれいで、上質の素材であれば意外な価格で買い取ってもらえるようです。

思い出よりも、これからの生活に役立つお金が手に入るでしょう。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電やパソコンを売るときと同じで生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品ほどあるのが当然となりものの価値は相当違ってきますから、一部でもとってあれば送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方もこれから増えていくでしょう。

リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買ってくれる人がいれば売りたいですね。

着物の買取専門店は何軒もありますが、友禅市場をご存知でしょうか。

全国から買取をしています。

査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。

現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のホームページをのぞいてみてください。