着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

箪笥の肥やしになっている古い着物

箪笥の肥やしになっている古い着物。

処分できやしないかと考えるのですが、それぞれに思い出もある着物なので、処分しないまま月日が経ちました。

ただ、結構買取業者さんって増えてきてるみたいなんです。

ネットで調べて驚きました。

和服を着たい人って多いんですね。

状態次第では高額になるみたいですし、着物専門のお店なら、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

今度きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき着物や反物の証紙を添えて出してください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地基準を満たした製品であると公に証明している独自の登録商標を指します。

これを捨ててしまったり探しても見当たらないという方もいるようですが、次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。

手持ちの着物を売りたいとき、誰もが一番気になることは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかということでしょう。

果たして相場があるのか?と思うでしょうが相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるのでそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったのでずるずると先延ばしにしていました。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も増えてきているそうでネットなどで口コミや評価を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところをじっくり探していきます。

量がたいしたことなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ってしまえばいいのです。

なにより対面式ですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、1点か2点を持込査定してもらい、信頼できそうな業者さんに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。