着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、我が家にはたくさん残っていました。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、そんな着物でも値段はつきました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、多少のシミがあっても業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取ることが多いらしいです。

ただ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服をどうにか処分したいとは思うのですが、形見の品でもあるしと思うと、ついに処分できずじまいでした。

ただ、結構買取業者さんって増えてきてるみたいなんです。

ネットで調べてびっくりしました。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

はじめはレンタルを考えていましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

とはいえ、桐だんすを購入するにもわが家にそんなものを置くスペースはありません。

この先、七五三で着れば良しとして黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

誰もがネットに接続できるようになった最近では、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、思いつくままに検索することができます。

ただ、どんなことにも言えますが、大事にしてきた着物を処分する際は、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。

1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、手間や時間がかかることは仕方ないです。

そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ってしまえばいいのです。

直接会って話すわけですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

また、量が多いのなら、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、納得できた業者さんだけに出張で査定を依頼するというのも手です。