着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の案内をよく読むとわ

着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく和装小物も売るように勧められると思います。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするといろいろな品を仕入れることができるので全部合わせて高めに査定してくれるという業者の話もうなずけます。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配便にし、査定してもらうと絶対に損はしません。

そんなに嵩張るわけでないなら、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、買い取りを断ることも簡単です。

対面で疑問点の解消もできますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、納得できた業者さんだけに出張で査定を依頼するというのも手です。

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、買い取ってくれる業者がないか私に相談してきたのです。

傷んでいるところも何カ所かあるそうで、査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないとあれこれ心配しています。

そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をあっさり断念したようです。

タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったので結局処分に踏み切れませんでした。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も手軽に利用できるようです。

業者間の差もあるようなのでうちの着物を高く買い取ってくれるところを手間ひまかけて探すつもりです。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や反物の証紙を添えて出してください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地基準を満たした製品であると証明として発行された登録商標のことなのです。

この証紙を捨てる方や所在不明という方も実際にいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。