着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着ない着物も、買取で高値がつけ

もう着ない着物も、買取で高値がつけばタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの期待も持てます。

そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけない高値で売れることもあります。

反物の状態であっても買い取ってくれるところがほとんどです。

反物のままでも遠慮なく査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、信頼できそうなところでないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。

よく聞くトラブルというと、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、吟味した上で査定を依頼し、それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、後々役に立つかもしれません。

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが注意することが一つあります。

多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがあるかないかというだけでものの価値は相当違ってきますから、残っている限りのものを送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

どんな生地、色柄も、生地や糸は徐々に劣化していくもので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしていると思う着物は買い取りに回しましょう。

買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服だけは気をつけなければいけません。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。