着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、自宅まで取りに来てくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。

着物はどれも重いし、かさばるので自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と泣きそうになっていたので、実にありがたい話です。

着物専門の買取業者さんというと、このごろは宅配を利用するものが珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

中古品の買取は古物商免許が必須ですから、とりあえずそれを確認してから査定をお願いするつもりです。

着物は着るのも見るのも良いものですがその手入れには特有の手間がかかるものです。

虫干しは定期的に行い、和紙を挟んでから形通りに畳み、桐箪笥に戻してまた保管などと手間をかけないと傷んでしまいます。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、業者に買い取ってもらうという手があります。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、それだけで価値があるというわけではありません。

どんな生地、色柄も、生地や糸は徐々に劣化していくものでもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

もし、未使用で今後着る予定がないなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、懐かしい品や形見の着物もあって、適当な処分先が見つからず放置してきました。

たまたまこの間、着物専門の買取業者をネットで見つけてビックリしましたよ。

流行りみたいで。

買取実例を見ると結構高額で、着物専門のお店なら、大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。