着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人のいない和服を処分すると

着る人のいない和服を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

とはいえ着物類は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなく私がこのまま保管しておくのも祖母の本意ではないでしょうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定で高く評価される点をネットであれこれ調べてみました。

そもそも高級な品であることは絶対に必要なことですが、それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも査定のときにはシビアに見られるようです。

素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても傷があることがわかると大幅な査定額減は避けられないようです。

どうにも着る機会がない着物の管理に悩んでいませんか。

着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので管理も他の着物に比べ負担感が増します。

もう着ないと考えられる着物ならばいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

生地が上質で、仕立ても良いものであれば、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。

無料の電話相談は、年中無休で受け付けているので、思いついたときにすぐ相談できるんです。

(携帯・スマホ可)査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。