着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物を買取業者に出すと、絹物

古い着物を買取業者に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあります。

ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、元値が低いため、中古買取でも良い値がつかず、断られることもあります。

普通のリサイクル店などのほうが、買取価格がつくことも多いでしょう。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合った帯締め帯揚げなど小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用でなければ需要はありません。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などはうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

祖母の形見ですが、着る人もなく私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品というようなものはなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、買い取りを断ってしまえばいいのです。

なにより対面式ですから、価格を交渉することもできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、1点か2点を持込査定してもらい、ここなら良いというところに出張査定をお願いするというのもありですね。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

虫干しは定期的に行い、畳むときには和紙を入れ替え保管も桐箪笥が望ましいということで十分手間をかけないと状態を保てません。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も業者に買い取ってもらうという手があります。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、お手入れもその分だけ楽になります。