着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

つい最近、祖母の形見だった着物を手放す

つい最近、祖母の形見だった着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物が生かされないと思うし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、提示されたのは全部まとめての値段でした。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

着物買取に査定してもらうときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服に対する需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ごく一部ですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、最短30分で出張査定に来てくれるうえ査定が丁寧なので評判です。

専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、24時間365日対応しているため、暇を見ていつでも電話できます。

携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。

持込のほか訪問や宅配便にも対応していて、査定は無料ですから、評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。

タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし業者はたくさんあり、どこが良心的なのかさっぱり見当もつかず、全く動けないままでした。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者もちょっと探せばあるようです。

ネットなどで口コミや評価を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところを手間ひまかけて探すつもりです。

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、横長のタンスを置く場所はありません。

七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。