着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理してい

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で引き取り手のない着物がかなりありました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話もしくはメール一本で自宅まで取りに来てくれるところもあることに驚きました。

着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と泣きそうになっていたので、それだけでもこちらは助かります。

最近、和服の買取専門業者の広告がよく目につきます。

もとは高かったからと出し渋っていると、保管場所に気を遣ったつもりでも、劣化は避けられないので価値が下がってしまうのです。

品質が良い着物は、新しいほど専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、思い立ったら早めに依頼して買い取りしてもらったほうがいいでしょう。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。

いくら着物として上等であっても、査定時に汚れや、カビをチェックされると本来の価値を認めてもらえないのはごく当たり前です。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の可能性がかろうじて残っています。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。

どうにも着る機会がない着物は多くのご家庭にあるでしょう。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。

将来にわたって、着ないと思われる着物は買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

いわゆる高級品であって、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。

着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、産地・種類を問わず買取してくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬のほかには、友禅やブランド着物なども買取対象です。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。