着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでな

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は下着の位置づけなので着用済みだとほとんど売れないからです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは交渉次第で売れるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、行わないところも少なくないですから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが確実で良いと思います。

また、着物買取を専門にした業者もあり、高値で買い取ってくれますから、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。

近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買取を拒否される場合もあるようでした。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

着物買取業者に問い合わせてみると、着物だけを買い取るのではなく、和装小物も売るように勧められると思います。

そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでいろいろな品を仕入れることができるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという話もよく聞きます。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば絶対に損はしません。

着物の買取を考えているので、まずは高額査定の決め手になるのは何かポイントを探ってみました。

素材や色柄、仕立てが上等であることが最低限要求されます。

その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も買取価格に響くようです。

元々の品質は良かったものでもプロが傷を見つけてしまうと査定額をかなり減らされてしまうようです。