着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

誰も着ないまま、長い間しまわれて

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物の管理に悩んでいませんか。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

いわゆる高級品であって、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

着物の買取を考えているとき、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすればできるだけ有利に査定を進めたいなら車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

思ったよりも安い査定額だった場合、出張よりは断りやすいと考えられます。

とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできると明文化している業者に依頼しましょう。

仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、実家にはたくさんあります。

保管状態の良いものと悪いものがあったものの、業者さんは納得の上で買取してくれました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、昔なら断っていたようなシミでも、業者さんのほうでシミ抜きするので、買取になる事例が多いそうです。

ただ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのは当然です。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば結構な値段で売れることも珍しくありません。

比較的新しいブランド品は昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので中古市場で高値をつけられるからです。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、点数自体が多いとか、お店が遠いときには、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

困ったときは、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。