着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品整理もだいぶ進んできた

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には引き取り手のない着物がかなりありました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話かメールで連絡すればどこまでも買取の車を出してくれるところも結構あるのですね。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと困り果てていたところで、こういうサービスが欲しかったと思いました。

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、着物とその付属品が大量だとか、お店が遠いときには、持っていくのに一苦労です。

どうしようかなと迷ったら、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただし、それなりの量に満たなければ利用できないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

着物買取に査定してもらうときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

それもそのはず。

中古の和服市場では、喪服に対する需要は少ないからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買う業者さんもないわけではないので、まずはそこに確認してみると良いでしょう。

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるならタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

状態が良く新品に近いものは、高値がつく期待も持てます。

流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば思いがけない高値で売れることもあります。

反物で、仕立てていないものも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。

反物のままでも遠慮なくぜひ業者の査定を受けてください。

もう着なくなった古い着物や帯などが、うちの納戸には山ほど保管されていました。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、そんな着物でも値段はつきました。

最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても業者さんのほうでシミ抜きするので、問題視しないで買い取るそうです。

とはいえ、シミがあれば買取額には響きます。