着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

要らなくなった和服を整理する際、絹物は

要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあります。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、もともとの価格が低いせいもあって、着物買取業者でも値付けが低かったり、当初から引取対象外にしている店もあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いと思います。

自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。

着る機会がなくなってしまったら一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が賢明だと思いますよ。

初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか身近に経験者がいないときにはネットのランキングサイトを利用してランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。

着物の状態は当然評価されますし、高級品でも制作者を見られることはありますが状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地の名を冠するブランドものです。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

もし売却を考えているなら、価値相応の価格で買い取ってもらうために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、複数のところに査定してもらい、比べてみるのをおすすめします。

買取値や査定理由が明確なところを選ぶと満足のいく結果も出やすいと思います。

不要になった和服などがあれば、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬のほかには、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。