着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います

どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。

着物は着るべき時に着るもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、いっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。

振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。

まず、見積だけでも出してもらって、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが注意することが一つあります。

多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。

家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。

これらは産地や製作者の証明になるので、高級品であるほど、あるかないかによって買取価格が大きく左右されます。

着物の一部と考えて着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが良い値段がつき、色あせや生地の傷みがあるときは、査定額もぐっと落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

着る人のいない和服を処分するとき、気になるのはやはり価格ですよね。

相場があれば知りたいというのも当然です。

しかし中古品といっても和服の場合は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、ひと括りにできないところがあります。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらうのが一番です。