着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。小物類はと

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

この先、七五三で着れば良しとして黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買取で常に価値があるのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドであればファンが多いので、高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことは着物買取の常識です。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのが仕方ないと思ってください。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、それなりの値がつくこともあり得ます。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。

着物は日本が誇る美しい衣装ですが、お手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しに始まって和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず念を入れた手入れが必要です。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

不要な着物を処分した結果、総額で結構な値がつくこともありえます。

着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでケースによって違うと考えましょう。

不安を解消してすっきりしたいなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。