着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着る人のいない着物は、買

もう着る人のいない着物は、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

それ以外には、訪問着や趣味的な汕頭着物なども幅広く扱う業者が多いです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。

最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていて自宅など指定した場所まで取りに来る業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者もごく当たり前になっているようです。

私の場合はどうしようと思いましたが持ち込みができないほど大量でもなく近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しに始まって和紙を挟んでから形通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、時間も体力も使います。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。

着ない着物を生かすことにもなりますし大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定で高く評価される点をポイントを探ってみました。

当然ですが、もともと高級な着物であることは欠かせない要素ですがそれにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のときにはシビアに見られるようです。

どんな高級品だとしても見てわかるくらいの傷があれば大幅な査定額減は避けられないようです。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、手入れを欠かさずに長いこととっておいても圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなく手放すことを考えはじめました。

ネットやタウンページで調べたところ、着物買取専門の業者もあることがわかりました。

思い入れのある着物なので、捨てるよりは誰かに着てもらった方が着物が役に立つ可能性もあると思い思い切って売ろうと決めました。