着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

最近多い着物買取専門店に買い

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、新しくても元の価格が安いですから、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締め帯揚げといった小物も買い取りを行うことが多いです。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが高く売れるのは当然みたいですが、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買取を拒否される場合もあるみたいです。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、ただタンスの奥で眠らせておいても着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

リサイクルブームがひとつの契機となって、和服買取をしてくれる業者というのがとても多くなりました。

ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、利用する上で注意しなければいけないのは、買取実績がある業者のふりをして、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売を行ってトラブルになっている業者もないわけではありません。