着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けた

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、ただタンスの奥で眠らせておいても祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

けれども、手入れも保管も結構な負担です。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので保管も手がかかるのはよくわかっています。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、横長のタンスを置く場所はありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、着る機会が限られる喪服の需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ごく一部ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は行わないところも少なくないですから、持ち込む前に電話やメールなどで問い合わせたほうが良いですね。

また、着物買取を専門にした業者もあり、高値で買い取ってくれますから、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

どこにあるか知らなくても、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着る人がいなくなった着物など、買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのがおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。

初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか身近に経験者がいないときにはインターネットの検索を工夫して業者探しの参考にすることをすすめます。

着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、まず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。