着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の買取に取りかかる前に査定で高く

着物の買取に取りかかる前に査定で高く評価される点をネットであれこれ調べてみました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは高値がつく最低条件ですが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のときにはシビアに見られるようです。

どんな高級品だとしても査定のときに傷が見つかったら査定額は大幅に下がるようです。

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、我が家にはたくさん残っていました。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。

そうはいっても、買取価格はそれなりになってしまいます。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、昔から着物好きな方に愛されてきた有名な産地の着物は古くても価値があるので高値がつく可能性は高いでしょう。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどこの業者の買い取りでも求められます。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締め帯揚げなど小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢を下着だとみるところが多く着用されたものは誰も買わないためです。

それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方もこれから増えていくでしょう。

高価な着物を捨てるのは気が引けますし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。

その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つまずは友禅市場に問い合わせてください。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のことを調べてほしいと思います。