着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは品質の保証になるもので言うまでもなく、その有無によってものの価値は相当違ってきますから、きちんと保管してあれば、必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

着物は着るのも見るのも良いものですが手入れには本当に気を遣います。

一斉に虫干しをして和紙を挟んで元通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、念を入れた手入れが必要です。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も業者に買い取ってもらうという手があります。

着ない着物を生かすことにもなりますしお手入れの負担も少し軽くなります。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

確定申告が不安になることもありそうですね。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るのでケースによって違うと考えましょう。

少しでも気になるなら、申告漏れのトラブルを避けるためにもどこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。

着なくなった着物を買取に出すと、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあります。

けれどもウールや化繊の着物というと、新品でも安価で売られているため、仮に買い取るとしても安かったり、断られることもあります。

普通のリサイクル店などのほうが、買取価格がつくことも多いでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は扱うところとそうでないところがあるので、あらかじめ持ち込む前に確認したほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、より高い価格で買い取ってくれるので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

近所に心当たりがないときは、ネットで検索すれば簡単に見つかります。