着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に頭を悩ませている人は多いでしょう。

このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えているのをご存知ですか。

思い出のある大切な着物でも、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、依頼してみる価値はあると思います。

古いものでも状態が良ければ思ったより高額査定が受けられる可能性もあります。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

そんなときこそ、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

着物など値の張るものを買取に出す際、買取額ってどうしても気になりますよね。

相場があれば知りたいというのも当然です。

とはいえ着物類は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断ることも気兼ねなくできます。

直接会って話すわけですから、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。

もし、分量が多くて持参できないときは、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、信頼できそうな業者さんに家に来てもらえば良いのです。