着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

箪笥の肥やしになっている古い

箪笥の肥やしになっている古い着物。

どうにか処分したいとは思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、処分しないまま月日が経ちました。

でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

正直、意外でした。

着物なんて廃れたかと思っていたので。

産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、和服専業の買取業者さんだと着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。

今度きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば絶対高値はつかないのが普通の結果なのです。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買い取ってもらえるチャンスはあります。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、その道のプロに見てもらうことをすすめます。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、昔から着物好きな方に愛されてきた有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことは着物買取の常識です。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、利用するときには気をつけなければいけません。

トラブル例を挙げると、買取前の出張見積りを依頼したところ、アポ無しで来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるようです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、小物も同時に買い取りたいのがわかります。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするとトータルコーディネイトもできるのでトータルで高値をつけるという業者の話もうなずけます。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと場所をとる小物を片付けながら、お金も手に入るでしょう。