着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

リサイクルブームがひとつの契機となっ

リサイクルブームがひとつの契機となって、着物の買取を行う業者が増えてきているようです。

業者はネットで簡単に探せますが、利用する上で注意しなければいけないのは、買取にみせかけて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売を行っている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。

和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

それもそのはず。

中古の和服市場では、喪服の流通は僅少だからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

箪笥の肥やしになっている古い着物。

然るべき所に処分したいと思いはするのですが、それぞれに思い出もある着物なので、ついに処分できずじまいでした。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、着物の買取を専門にしている業者さんというのは着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは産地がその名につくブランド品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドであればファンが多いので、高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどこの業者の買い取りでも求められます。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、注意することが一つあります。

着物や反物の購入時についてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによって買取価格が大きく左右されます。

着物の一部と考えて着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。