着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

これから着物の買取業者さんにお

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

中古の着物を扱っている店舗では、着る機会が限られる喪服の需要はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

祖母が遺した着物があったので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく着ないまま持っているのも着物がかわいそうだし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたがいわゆる作家ものの着物はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど売れないと恥ずかしい。

結構そういう方がいるようです。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは結構な値段で売れることも珍しくありません。

現代の有名作家の作品なら、裄丈など、サイズが大きめに作られているので需要があり、業者が手に入れたいのです。

着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、買取業者を決めるときにどのように決めたらいいか、迷うでしょう。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。

古着屋で着物も扱うところが多いのですが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。

専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定人が見てくれるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。