着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うこと

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったのできちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、どこに置くのかという問題があります。

七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

着物を着ると、日本人であることを実感しますが手入れには本当に気を遣います。

一斉に虫干しをして間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと実に大変です。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。

次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れもその分だけ楽になります。

不要な着物を処分した結果、予想以上のお金に換えられることもあります。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買い取りも課税対象ではないのですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、税法上も案外複雑です。

不安を解消してすっきりしたいなら、大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、いつも洋服の生活ですからその着物を着る機会は今後なさそうなので処分するなら今だと思いました。

ネットやタウンページで調べたところ、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。

ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、思い切って売ろうと決めました。

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、一番気になることは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかしかないでしょう。

相場はどのくらいか、気になりますが明らかな相場はありません。

ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られてそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

どこでも、査定は無料で行っていますから、買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。