着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服や和装小物の買取といえば

和服や和装小物の買取といえば、このごろは宅配を利用するものが多いらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を手放そうと思います。

紬や絣など高価な着物も多いので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、とりあえずそれを確認してから問い合わせしてみようと思います。

量的に無理でなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、気楽に断れます。

対面ですからわからないことも聞けますし、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

また、量が多いのなら、持ち込みで2、3着みてもらって、信頼できそうな業者さんに出張で査定を依頼するというのも手です。

まとまった量の着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、買取金額には課税されないはずですが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでいろいろなケースが考えられます。

いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、きちんと申告して、払うべきものを払うために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。

箪笥の中の古い着物の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。

最近は専門の買取業者さんというのが増えているのをご存知ですか。

しまい込んでいた高価な着物でも、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。

無料査定のところも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

正絹のものなど意外な良いお値段になることもあるようです。

着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつくものではありません。

一度も着用されないものであっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時の状態が買取金額を決めるのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、といった着物がご自宅にあれば、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。